指導者紹介

監督 : 阪口 貴英 (サカグチ タカヒデ)

藤井寺ドッジボールチーム「大和魂」の監督として活躍。
バレーと格闘技の経験を活かし「魅せて勝つ」スタイルで結成3年弱で全国常連チームに育て上げる。
大阪では「大会70連勝」という金字塔を築き上げた。
今もなお、各地からオファーえを頂ければ、独自のドッジ理論を基に指導行脚を繰り返す。
しかし、この度バレー界に復帰しCACALOT創設に尽力。
全国制覇を目指しCACALOTに全力を注ぎます。

コーチ : 小池 道信 (コイケ ミチノブ)

23歳から10年間ママさんバレーの監督として活動。
2年後ヤングコーチとしてcacalotに参加。

コーチ : 塩田 正輝 (シオタ マサキ)

阪口監督の後輩。
高校時代にはインターハイ制覇を成し遂げ、この頃から後輩への指導も評判を博しており、独自のバレー理論で名選手を輩出しております。
2015年夏休みに羽曳野市民体育館主催で行われた「小学生ハイキューバレーボール教室」へ指導者として参加し、その後、坂口監督と共にCACALOT創設に尽力。