鳥取クラウン

スケジュール

21


22


23

ドリーム・ベースボール

24

試合

25

練習

26


27

練習

選手募集中

選手募集中 写真

新入部員募集!!

当団は、営利目的で活動している団体ではありません。
会費等は、運営費に当てられています。

鳥取クラウンでやりたい!やらせたい!小学校に野球チームがない、部員が少なくて活動できない、クラウンの野球に興味がある等、理由は何でも構いません。実際に試合や練習を見学していただき、検討をされてはいかがでしょうか?
体力作り、野球技術の向上、礼儀やマナーの取得を目標をおき活動しています。性格が大人しい、体が小さい、足が遅いなどは、一切関係はありません。小学1年~6年生の男女なら、在住地域を問わず入会できます。

問い合わせは、本HP上部にあります【お問い合わせ】フォームからお願いします。また、お電話の場合は上記(右記)チラシの連絡先(マネージャー:高田)あるいは、ホームページ担当の服部(TEL 080-1927-8860)まで連絡ください。

※平日練習は火曜・金曜(18時~20時)となっています。自由参加ですので、どちらかにしか出れないとか、途中からしか参加できなくても大丈夫です。学校から帰宅後はある程度宿題を終わらせて(できれば全部)から練習に来るようにさせてください。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

スマートフォンで正確にトップ画面が表示されない方へ

本ページ最下部でPC版とスマホ版の画面切り替えが可能となっております。

ニュース

11月18日市リーグ新人戦決勝進出
鳥取市少年野球リーグ新人戦。本日より各ブロックのリーグ戦を勝ち抜いた4チームによる準決勝が始まりました⚾鳥取クラウンの準決勝の相手は、鳥取ブライツさんでした。どんなチームなのか、今日初めて見るので全く情報がありませんでしたが、すごく良いピッチャーでしたね。今の5年生世代では鳥取東部では1、2を争うようなスピードじゃないでしょうか。初回はいきなり三者連続三振を見舞わされ、球が前に飛ぶのだろうかと接戦も予想されましたが、二回一死からの連続長打で先制し、その後も何とか食らいつき5、6本は良い当たりが出てましたね。最後に1点返されましたが、決勝進出です!優勝まであとひとつ、頑張りましょう!!
11月11日中海圏新人交流大会
連日の早起きとなりましたが中海圏新人交流大会に出場してきました⚾5チームずつのリーグに別れて各リーグ1位と2位が決勝トーナメントに進むことができますが、結果は1敗1分けの勝ち点1で決勝トーナメント進出は果たせませんでした。
初戦の箕蚊屋戦は、全ての失点が四球で出したランナーか、失策によるものでしたね。そして、次戦の弓ヶ浜戦は序盤で4ー0とリードしながらも、走塁ミスなどで突き放せず終盤に失策が絡んで追い付かれてドロー。
結果的にあのイニングの4失点がなければリーグ2位で決勝トーナメントに行けてたんだという悔しさを忘れず、一人一人が課題を克服していきましょう♪
今回対戦させていただいた箕蚊屋さんと弓ヶ浜さんがそれぞれ1位2位で決勝トーナメント進出となりました⚾優勝目指して頑張ってください♪また来年対戦することがあればよろしくお願いします!
11月10日プチカップ優勝!!
やりました!最後まで諦めず粘りました!
中ノ郷・湖山西01002 =3
面影・鳥取クラウン11002×=4
先制して、追い付かれて、突き放して、逆転されて、最後はサヨナラ勝ちというシーソーゲーム⚾
中ノ郷湖山西さんは、ミスの少ない守りも固いチームでしたね。5回表は四球からヒットやエラーも絡み、もっと点を取られてもおかしくない流れでしたが、みんなで声を出してなんとか乗りきって、それが最後の連打でのサヨナラ勝ちにつながったと思います。
面影さんも、鳥取クラウンも単独チームでは出場できない人数(大会当初)で、合同チームを組んでもらい、最高の結果でチーム解散できて、本当に感謝です。子ども達皆とても良い経験ができたと思います。試合を重ねる毎に良いチームになっていきましたね♪ありがとうございました!来年はお互いが新人戦で対戦ですね。頑張りましょう!
11月4日新人戦(市リーグ)決勝トーナメント進出
土曜日に鳥取市少年野球リーグ主催の新人戦に招待していただき、出場してきました⚾
結果は、なんとか2連勝(VS倉田さん、VS鹿野さん)、予選ブロック1位で決勝トーナメント進出を決めました。初ホームランを放った選手(5年生)もあり、また、新加入の5年生も良いピッチングを見せてくれました。
来週は、プチカップの決勝と、中海の新人戦がありますね。まだまだ試合は続きますが、一戦一戦成長していきましょう⚾
10月28日三朝遠征
初めて6年生抜きの来年度新チーム体制での活動でした⚾
結果は、1試合は相手が一部(6年生)とはいえ2試合とも大敗。。。ピッチャーはストライクが入らずスコアブックにはBのマークがてんこ盛り。守備ではEのマークがてんこ盛り。。あげくの果てには三年生四年生がマウンドに上がらないといけない状態に...
安打の数は変わらないのに、なぜここまで点差が開いてしまうのか、全ては監督が言ったことに凝縮されています。
ここからがスタートですよ。這い上がっていきましょう。上を見るしかありませんね。少しずつ変えていきましょう!
三朝さん、今日は会場準備等々含めてありがとうございましたm(__)m次は競った試合が出来るように鍛え直してきますのでよろしくお願いします⚾

すべてのニュースを見る