ボンジボーラ新潟FC

スケジュール

23

井田フェス

24

TR

25

TR

26

TR

27

TR

28

TR

29

TR

リズム テクニック インテリジェンス

リズム テクニック インテリジェンス 写真

リズム テクニック インテリジェンス

自分たちが一番練習している武器に自信を持つ
徹底した足元の技術へのアプローチこそがチームの最大の特徴です。

公式戦で目の前の相手を抜きに勝負をしてくる選手はほとんどいない。

今この同じ年代の相手を抜けなければ、レベル・ステージが上がっても
抜けるようになるはずがない。
結局、最初からかわし続ける選手が、ゲームの中でどれほど重要か。


「 君は、どんな選手になりたいんだ? 」 


ここ新潟には確かな才能・ポテンシャルを秘めた選手が多数いる。
全てのドアを開けるには徹底した足元の強化に答があるよ。


主な活動場所に夏期間は
「新潟県スポーツ公園」「みどりと森の運動公園」
「鳥屋野球技場」新潟市内グランド施設等

冬期間は、各フットサル場 新潟市内体育館等
にて活動しています

高校サッカー界の強豪でサッカー王国静岡にあり
Jリーグに数多くの選手を輩出し続ける超名門
「静岡学園高校」「静岡学園中学校」の
<静岡学園スタイル・静岡学園スピリッツ>
をこの空間で感じることができます

(主な静岡学園の選手に三浦和良、三浦泰年、大島僚太など)

「Rhythm Technique Intelligence」
(リズム テクニック インテリジェンス)
あふれたサッカーで個の育成をぶれずに展開していきます。

ここ新潟で全国のトップレベル静岡学園高校サッカー部の
育成法・練習法を学ぶことができます。
今でしか習得できない絶対的サッカー感覚を磨きませんか。

井田勝太郎就任から5年で築き上げた確かな「成果・実績」
さらに上を目指す謙虚な姿勢がチームの一体感でも物語っています。

2017年度新規入団生を募集しています。
まずはお問合せの上、練習をご体験ください。 

15歳まででボールタッチ・ボールコントロールの
成長は止まってしまいます。
どれだけボールに触るか、「100万回触れ」

夢見る舞台への挑戦には、徹底したボールタッチこそが
答えであると信じています。

ニュース

8月17日8月24日(木) スクール開催場所・時間 変更のお知らせ
8月24日(木)のスクールですが開催場所と開催時間の変更のお知らせです。

ご迷惑をおかけいたします。

8月24日(木)のスクールですが、開催場所が新潟市西区に。
開催時間が18時~19時に変更になります。

お間違えのないよう、よろしくお願いします。
8月11日夏の岐阜遠征終了
8/8~8/10の3日間岐阜遠征に行ってきました。
 
テクニックを求めたチームが全国から集まり繰り広げたゲームに
おおいに刺激を受けてきたと思います。

この経験をこの先いかすもすべては選手自身の気持ち次第。

夏場にきつい経験をしてきたものが一回りも二回りも成長するはず。

残すは夏の最大のイベント「井田フェス」です。

今年も全国から多数のチームがここ新潟に集まり
熱戦を繰り広げます。
(8/21~8/23 新発田地区にて開催)

8月4日夏の合同合宿・合同練習の報告です
今年も無事に開催された夏の合同練習会に
北海道・宮城・東京からここ新潟にテクニック系のチームが
集結し、4日間の練習及び試合を繰り広げました。
また途中長野からも緊急参戦されるチームもあり
まさに「新潟夏の風物詩」となりつつあると実感できます。

4日間どれだけのボールタッチを繰り返しただろうか?
どれだけボールコントロールでお互いを刺激し合えただろうか?
ここでの経験がまさに選手にとって大きな成長へと結びつくはずである。

3日目にはボンジボーラ新潟を卒団し「静岡学園高校サッカー部」に
挑戦するOBもかけつけて100人を超す選手がひたむきに
ボールタッチを繰り返しやり続ける。

素晴らしい空間が見る人を惹きつけていました。
8月1日4チームによる合同練習開催
熱い夏ははじまったばかりです!

本日より4日間毎年恒例となった合同練習が開催されます。

100人の選手たちがこの4日間でどれだけボールをタッチし続けるのだろう。

この地味なアプローチこそ選手の将来を輝くものとしてくれます。
インターハイで刺激を受けた選手達の成長を期待して
熱く取り組んでいきます。

なお練習見学の際はお近くのスタッフまでお気軽にお声掛けください
7月31日宮城遠征
終日宮城遠征に行ってきました。
インターハイ3回戦観戦 【静岡学園VS旭川実業】

ボンジボーラ新潟を卒団し静岡でチャレンジし続ける2人の選手
そんな先輩の背中・戦う魂はおおいに刺激となったはず。

あとは内なる魂の叫びを選手から発してほしい。
球際の執着、最後の瞬間まであきらめない気持ち
先輩達のプレーから自分自身の将来像を描いてほしい

まずは静岡学園高校サッカー部の皆様、冬の選手権での
リベンジに期待しております。
ありがとうございました。

すべてのニュースを見る