極真会館

極真空手とは

極真空手は、創始者 大山倍達が幼少のころから拳法を修練し、後に松濤館空手の開祖である船越義珍先生に学び、また剛柔空手や他の格闘技を研究し生まれました。そして、1963年に国際空手道連盟極真奨学会極真会館が設立されました。その後も研鑽、普及され世界124ヵ国で1200を超える公認道場があり、非公認を含めると1200万を超る会員が稽古に励んでいます。そして単独会派としては世界最大にまで発展し国内においても全都道府県に支部があり日本空手界を代表する空手流派になりました。

社団法人 極真会館 設立趣旨

1994年4月26日、極真空手創始者大山倍達総裁が肺癌のため亡くなられ、その後極真会館は、
国内支部長の対立により国内はもとより世界までが分裂に至りました。分裂後、各派閥は自派だけが正当な極真だと繰り返し主張し続けてきました。しかし現実に世間より見ると派閥の争い事にしか見えず、マスコミも極真何々派として各々を識別しているのが実情であり、都市地方に限らず同じ状況です。
 最近になり極真に関する商標が大きな問題になり、各派閥は一段と自派の正統性を強く訴えていますが当初よりどこの派閥にも属さない師範方も存在し、それらの師範方が核になり争いではなく派閥を越えて接点を模索するべきではないかとの考えも出てきました。
 その考え方に賛同する師範方が超党派として集まり連合会の発足となりました。
 連合の目的は、自主自立をもった極真各会派、各道場が極真連合体を組織し、極真会館の各派閥の主義主張にとらわ れず、極真超党派として大同団結し、日本空手道の普及、発展に寄与すること。創始者、大山倍達が残した極真空手を、正しく継承し普及、発展のために研究、研鑽し、極真空手を通じて人格の陶冶と人間形成を目指し、社会に貢献する事を基本理念とします。
 連合会は大山倍達総裁が作られた素晴らしい極真空手の精神をどう各々伝えていくかを考え、お互いの活動を認め、各極真会派がまとまった大会と段審査の統一性を追求するものであり、そのような考えで極真を捉えないと、極真空手界そのものが社会より見放されることになると危惧するものであります。
 大山総裁時代の支部長師範が存命中に大同団結出来るならば、極真空手界の混迷と混乱の状態を一掃し迷走を回避できるものと希望をもち、全日本極真連合会の発足に至りました。また海外各国・各支部においても日本国内が連合としてまとまっていくなら、世界の極真も同一方向に進むと確信するものであります。各方面に御理解とご指導、ご鞭撻賜わりますよう切にお願い申し上げます。