宮崎地区軟式野球  宮崎球友スポーツ少年団

スケジュール

26


27


28


29


30

運動会 (檍・檍小学校)

1


2


ニュース

9月24日決勝進出❗
宮崎中央ライオンズ杯新人戦 準決勝が木花B球場で行われました。

(準決勝)
メッツ 000 0│0
球友 10 1 2 1 │14 聖・日向ー凛臥

初回、連続四球で満塁とすると4番凛臥のライトへの犠飛で先制!続く蓮のスクイズに飛羽、心宥にも2点タイムリーが飛び出し大量10点を奪う。
守備では、サードファールフライを日向がベンチ前まで追ってスライディングキャッチのスーパープレーを見せた‼
その後も攻め!4回コールドで決勝進出を決めた。

決勝戦は雨天中止に‼

10/6(土)

VS 住吉ベースボール

球場:田野町営野球場
時間:9:00

夏季ジュニア大会に続き、新人戦も優勝を目指してオレンジボーイが頑張ります。
応援宜しくお願い致します。

9月22日運動会❗
運動会シーズン到来❗
今年も、全校リレーに出場するオレンジボーイを紹介します。

東大宮小学校

○波多野 日向
 波多野 心宥

檍北小学校

○河野 蓮

宮崎東小学校

○日高 弘雲

倉岡小学校

○松元 弥季

それ以外も、学年リレーに選抜されているオレンジボーイも多いようです。
6年生の二人は…(._.)最後の運動会を楽しむ事でしょう!
みんな頑張れ❗
9月17日新人戦 BEST4進出!
中央ライオンズ杯 第43回新人戦が清武多目的B球場で行われました。

(2回戦)

球友 200 104 0|7 日向-凛臥
鰐塚 100 000 1|2

炎天下の中3日間連続の試合となったオレンジボーイ!
暑さに負けず、日向が初先発で見事被安打6 奪三振5で完投勝利!あっぱれ!
打線も裕太が3打点!日向・飛羽が2安打の活躍で快勝した。

(準々決勝)

宮 崎 球 友 304 20|9 聖・秀人-凛臥
バッファローズ 000 20|2

初回から得点を重ね秀人の長打に飛羽の3打点の活躍にスーパー2年生心宥の横っ飛びスクイズが飛ぶ出す等、大量9得点!
守っても弥がライトライナーをナイスキャッチ!
先発聖はランナーを許すも2回牽制で刺しピンチを広げない!リリーフ秀人も力投!2人共無四球の投球を披露しベスト4進出を決めた!
9月16日九州選抜出場決める❗
第35回宮崎市長杯争奪宮崎地区学童軟式野球大会が清武岡球場で行われました。

(準決勝)

球友 001 206│9 キャップー凛臥
鷹黒 000 000│0

九州選抜大会出場を懸け鷹黒と激突!
1点を先制し、4回は日向、凛臥のタイムリーで追加点を上げると、6回には打線が爆発、飛羽のタイムリーが飛び出し満塁とすると、日向がライトにライナーで放った打球は大きくライトの前で跳ね打った日向も一気にホームに返りグラウンドスラムでだめ押し(^○^)

投げてはキャップが強打鷹黒打線をタイミングをずらし2死から長打を浴びるも後続を抑え、見事完投勝利!
鹿児島で開催される九州選抜大会出場(10/27・28)を決めた。

(決勝)

住吉 022 024│10
球友 030 000│3 聖・奏多・秀人・日向ー凛臥

今シーズン3度目の決勝!
先発、聖が初回を完璧に抑えるも2回に連続四球から崩れ先制点を与える。
しかし、その裏、凛臥のタイムリー、奏多・日向のスクイズで逆転!
3回表、聖が逆転を許し尚も、1死1・3塁のピンチに奏多がマウンドに‼公式戦最後の思いを胸に投げ込む奏多が、空振り三振を奪いピンチ凌ぐ。
5回表、先頭に四球与えた所で、秀人にスイッチするも、連打を浴び、追加点を与えてしまう。
その裏、この試合猛打賞の凛臥ヒットでチャンスを作り2死満塁とすると代打に弥!
弥が放った打球は1・2塁間を強烈に抜く!
しかし、ライト正面でチャンスを逃す。
最終回には日向が住吉打線に掴まり、万事休す。


9月15日強豪撃破❗4強❕
市長杯2回戦・準々決勝が清武岡球場で行われました。

(2回戦)
清武 100 003│4
球友 212 10x│6 聖・秀人ー凛臥

聖の立ち上がりを、攻められ先制点を与えるが、最小失点で乗り切る。
その裏、キャップのスクイズで、逆転すると3回には、前の回、センターで、ファインプレーをした奏多が2死1・2塁から左中間にタイムリーヒットを放ち6年生の活躍で勝利した。

(準々決勝)
宮崎 Bu 010 00 00│1
球 友 004 00 0x│4 キャップー凛臥

宮日旗県大会出場のバッファローズと激突!
初回、先制点を許すも、3・4点の勝負だから大丈夫と監督が伝えると、オレンジボーイの気持ちに焦りがなくなった。
すると3回、先頭の弘雲が左打席で絶妙なセフティーバントを決め出塁!飛羽が送り、日向が選び1死2・3塁から打席には聖がスクイズ!投球はワンバウンド捕手が前に止めるも、3塁走者の弘雲が迷わずホームを狙い同点!そして聖・キャップがスクイズで逆転!そして凛臥が左中間にタイムリーを放ち一挙4点奪う。
この試合、球友の守備が光った!
まずは、センター奏多がセンター前を一塁で刺すと!
三遊間の強襲を日向が横っ飛びで弾くもショート聖がバックアップしアウトにする!
そして、レフトファール飛球をレフト弘雲がダイビングキャッチで先発キャップをもり立てる!極めつけは、大ピンチにサード後方のフライを日向が背面キャッチの超ファインプレーが飛び出した!
最終回も無死1・2塁のピンチもキャップが投げきりベスト4進出を決めた。

すべてのニュースを見る