宮崎地区軟式野球  宮崎球友スポーツ少年団

スケジュール

29


30


1


2


3


4

市長杯

5


ニュース

9月29日残念ながら・・辞退
一昨年は、第3位!昨年はチャンピオンに輝き来月4日から始まる福岡市長杯争奪少年野球大会!
昨年優勝チームとして推薦で出場予定でしたが・・ここでもコロナの影響が(>_<)・・
昨年の50チーム参加から37チームに減少となり無念の出場を辞退する事となった。
昨日、市長杯で初戦突破した後、グランドに戻り監督からオレンジボーイに伝えられた。
仕方ない・・分かっていたが・・6年生の目には・・涙が・・
この思いを4日に行われる市長杯2回戦へ!みんなで勝利目指すと誓った!

昨日手にした優勝旗とカップを持っての集合写真(トップページで掲載)
市長杯終了後、昨年の福岡大会をホットコーナーで振り替えりたいと思います。お楽しみo(^o^)o

9月27日初戦突破
第37回宮崎市長杯争奪学童野球大会1回戦 清武岡球場で行われました。

江南 101 00|2
球友 400 32|9 愛結・弥-弥季

愛結の立ち上がり安打と連続四球で無死満塁の大ピンチ!
しかしこの大ピンチを内野ゴロ間の得点だけに抑えピンチを凌いだ!
その裏、先頭太陽が叩きつけた打球は高く跳ねセカンドの頭を越すヒットで出塁!
心宥・弥が連続四球を選び、今度は球友が無死満塁の大チャンス!
ここで打席には4番愛結!!センターへ弾き返し2点タイムリーヒットで逆転!
さらに6番心絆がレフトオーバーのタイムリーを放ち一挙4点奪い試合の主導権を握る。

されど・・・1点を奪われ・・残塁の山・・ミスが続く・・・嫌な流れを吹き飛ばいたのは(^-^)

暗いムードの中、円陣で美弘コーチが大きな声で!

『取られたら取り返せ!倍返しじゃ~』 少し照れてたな~(笑っ)

すると4回裏、愛輝叶・清陽が逃げずにデットボールを勝ち取り、1死満塁のチャンスを作り!迎えるのはキャプテンの弥!
2ボール2ストライクからセンターオーバーの3ベースヒット・・・(๑≧౪≦)

~バックネット裏~

ベンチに戻ってき興奮状態のキャップとの会話

貴幸コーチ:『ナイスバッティング!カッコいいな~!』
弥:『ど真ん中に来ました』とドヤ顔で応える弥に・・
貴幸コーチ:『普通あれだけ飛んだらホームランだけどね』
弥:『で・す・よ・ね~』はにかむ弥でした( ̄▽ ̄;)

最終回にも2点を奪い今シーズン初のコールドゲームで初戦突破を果たした。


練習生2年生2人もユニフォームに参加してくれました。ありがとう!



9月25日市長杯 組み合わせ決定
第37回 宮崎市長杯の組み合わせ抽選会が行われ対戦相手が決まりました。

9/27(日)

1回戦 VS 江南マリナーズ

時間:12:30
球場:清武岡球場


10/4(日)

2回戦 宮崎バッファローズ

時間:10:45
球場:清武多目的C

昨年は決勝戦で大逆転で優勝し木村拓也賞を栗林飛羽先輩が受賞しましたね( =^ω^)


9月20日練習試合
コロナ過の影響で、今シーズン初となる市外チームとの対戦!
西佐土原球場で新田クラブ(児湯)を迎えて練習試合に挑んだ!

第1試合目(レギュラー)

先発、弥が初回こそ長打を浴び1点先制されるも4イニングを被安打1 奪三振10の好投を見せた!
打線は、4回まで愛輝叶・太陽の単打2本に抑えられる・・・迎えた5回満塁から心宥がライト前に同点タイムリー!続く弥がレフトへ走者一掃の2ベースで逆転!終盤追い上げられるも辛くも逃げ切った。

第2試合目(ジュニア)

先発は弥季・・3イニング2失点奪三振7を奪うも球数が多く 3イニング55球と課題が残った。
2番手心絆は4イニングを1失点奪三振2とアピールに成功した!
打線は、相手投手が制球に苦しむ展開で弥季が2安打4打点の活躍!
又、謙心が初スタメンを果たしフル出場!おめでとう(^^)次は初ヒットを目指そう!

第3試合目(レギュラー)

先発は愛結!1試合目の反省を活かし2点先制されるも4イニングを好投!
打線は3回に瑛太のセンター前タイムリー・愛輝叶スクイズ等で逆転に成功し終盤にも心宥のダメ押しタイムリーが飛び出した。

このコロナ過の状況の中、快く練習試合を承諾して頂いた、高橋監督を始め、ご父兄の皆様、そして新田クラブナインに感謝致します。ありがとう御座いました。
9月13日善戦するも・・・
宮日旗2回戦が清武多目的C球場で行われました。

球友 000 000 0|0 弥季・弥・愛結-愛結・弥季
木花 300 002 x|5

Aシードとの対戦となった2回戦!
先発、弥季の立ち上がりヒットとエラー等で3点を奪われ、尚もピンチ・・このままコールドになるのか・・・
ここでマウンドに上がったキャップの弥が意地を見せ後続を抑えると、2回以降を7奪三振の快投で点を与えない好投を見せる。
しかし打線が好投手の前に弥・愛結のヒット2本に抑えられ6回には愛結が追加点を許し万事休す。

Aシード相手に善戦したが・・悔しい敗戦となった。

弥の好投にアッパレ(^^)


すべてのニュースを見る