東北ボローズ オフィシャルサイト

ボローズニュース

6月28日打線沈黙で2連敗(New!)
オープン戦 
<卸町東二丁目球場 9:00開始>

【スコア】
みすたーず 11111034 12
東北ボローズ 00001100 2

【戦評】東北ボローズは序盤、失策と本塁打などで試合の主導権を握られてしまう。何とか反撃したい打線はチャンスは作るものの好機で一本が出ず、痛い連敗を喫した。投手陣も12失点と試合を作れず、ナインは記者の問いに応じることなく球場を後にした。


    打安点 率 本
(遊)三輪4 0 0 ,125
(二)玉木4 2 0 ,500
(中)高久4 0 0 ,000
(投)浅野4 0 0 ,222
(捕)鈴木3 1 0 ,333
(右)犬飼4 0 0 ,000
(左)佐藤2 0 0 ,000
(三)武部1 1 0 ,333
(一)中村3 1 0 ,250


【バッテリー】浅野、中村 - 鈴木
(負)浅野 1勝2敗


▽盗塁=玉木①

◆観衆 20人
◆試合時間 2時間40分
6月14日大量失点で開幕連勝ならず
オープン戦 
<宮城広瀬球場 9:00開始>

【スコア】
DANDANDAN 5002041 12
東北ボローズ 1010010 3

【戦評】先発の浅野は初回、連打と味方の失策などで5点を先制されてしまう。反撃したい打線は得点圏までランナーを進めるものの、相手投手のコースを突く丁寧な投球に翻弄され3得点に封じられた。チームは開幕連勝を狙ったものの、終わってみれば昨年8月以来の二桁失点での大敗を喫した。


    打安点 率 本
(三)武部3 0 0 ,200
(一)日野1 0 0 ,000
(遊)三輪1 0 0 ,250
(投)浅野3 2 2 ,400
(左)大野2 0 0 ,000
(二)佐藤3 0 0 ,000
(右)柴田3 0 0 ,000
(中)犬飼2 0 0 ,000
(捕)北山3 1 0 ,200
(指)中村3 1 0 ,200

【バッテリー】浅野、中村 - 北山
(負)浅野 1勝1敗


▽二塁打=浅野
▽盗塁=大野①、犬飼②

◆観衆 10人
◆試合時間 2時間35分



▼日野 一樹監督「(序盤の大量失点が響き大敗)立ち上がりから相手の猛攻により終始試合の主導権を握られてしまった。(打線では浅野が適時二塁打を含む2安打2打点と奮起)四番の働きを見せてくれた。やはりボローズの四番は彼だろう。(自身は2番でフル出場。3出塁で貢献したが)今季初出場で後半バテてしまったが、最低限の働きは出来た。(次戦に向けファンへ)大会に向けては結果が全て。暑い中熱心にスタンドで応援して下さるファンの為にも次戦は勝利したい」

▼浅野 祥男「(今日は)緩急の重要さを改めて感じさせられた。調子自体は良かったが、相手打線の特徴を見極め、配球を早く切り替えればもう少し接戦に持ち込めたと思う。(打っては自ら2安打2打点と貢献)形こそは崩れたものの、一打席目の左前打は追い込まれた状態から打ち込めたので、自分の中では満足いく内容だった。二打席目以降も、前日の練習でのいいイメージが残っていたので内容的にはよかった。(次戦に向けての意気込みは)とりあえず今は疲労がたまっているので、リカバリーをしっかりしたいと思います。」
6月1日浅野好投で開幕戦勝利!
オープン戦 
<熊谷グラウンド 14:00開始>

【スコア】
クリスタルJAPAN 00010001 2
東北ボローズ 0110001× 3

【戦評】東北ボローズが開幕ゲームを制した。序盤、相手のパスボールで1点を先制すると続く3回裏には武部の適時二塁打、終盤には三輪のホームスチールで加点し試合を決定付けた。投げては開幕マウンドに上がった浅野が5回1失点の好投で今季初勝利。日野監督の誕生日を勝利で飾った。


    打安点 率 本
(遊)三輪3 1 0 ,333
(中)北山2 0 0 ,000
(捕)篠木3 0 0 ,000
(投)浅野2 0 0 ,000
(左)大野3 0 0 ,000
(一)保角2 1 0 ,500
(指)犬飼1 0 0 ,000
(二)佐藤2 0 0 ,000
(右)柴田2 0 0 ,000
(指)佐々木1 1 0 1,000
(指)中村2 0 0 ,000
(三)武部2 1 1 ,500

【バッテリー】浅野、佐々木、中村 - 篠木
(勝)浅野 1勝
(H)佐々木 1H
(S)中村 1S

▽二塁打=佐々木、三輪、武部
▽盗塁=北山①、犬飼①、三輪①


◆観衆 10人
◆試合時間 2時間00分



▼浅野 祥男「(今日は)テーマとして掲げていた変化球でカウントを取ることが出来た。しかし全体的に球数が多くなったので今後の課題としたい。(監督の誕生日を勝利で飾ったが)意識していた。今年はしっかりとチームの勝利に貢献したい」

▼武部 直也「(チーム初の適時打は)打った球は真ん中の直球。下位打線だったので事前にタイミングを合わせていたので初球からしっかりスイングできた。(監督の誕生日だが)勝利をプレゼントでき嬉しい。そして今季は必ず優勝をプレゼントしたい。(今後は)コロナで落ち込んでいる日本をボローズから元気にしていきたい。応援よろしくお願いします」

▼三輪 幸太郎「(貴重な追加点に繋がる好走塁)好投手だっただけにどうにかして1点が欲しかった。イニングやカウントをみてもベストな選択だったと思う。今季初安打が出て良かった。(チームは)勝つというだけでチームの士気は高まる。連携面等エラーはあったがしっかり修正していきたい。(最後にファンにメッセージを)今シーズンもひとつでも勝利に貢献できるよう取り組んでいくので応援よろしくお願いします」
5月11日開幕戦は6月7日(日)開催目標へ!
東北ボローズ球団は新型コロナウイルスの影響で延期にしていた開幕日の予定を6月7日にする方針を固めた。

球団、監督コーチを含め選手たちはこの日に向け準備を進めることとなる。

東北ボローズに20年近く携わってきた球団関係者は「これまで半年近く東北ボローズはオープン戦を含む公式試合を自粛してきました。こんなことは前例がない。選手のコンディションが戻るのは時間の問題だが、応援を我慢してきたファンが一気に爆発するのではないか」と熱狂的サポーターで知られるボローズファンの動きを心配した。

犬飼健一郎主将(29)は「コンディションも心配だが、何よりも心配なのはサポーターたち」とファンを気遣った。

東北ボローズを20年近く応援してきた熱狂的サポーターのI氏は「もう限界を越えている。禁断症状だ。もう何日も眠れていない。今はボローズの試合が見たい、ただそれだけだ。勝て、とにかく勝て…」とコメントし現在は日々体調不良で苦しんでいるという。


東北ボローズの今後の動きに注目が集まる。
4月13日選手名鑑更新について
選手名鑑が2020年版へ更新されましたことを報告いたします。


東北ボローズ広報部

すべてのボローズニュースを見る