東北ボローズ オフィシャルサイト

ボローズニュース

11月14日打線爆発18得点で快勝(New!)
オープン戦
<海岸公園野球場 13:30開始>

【スコア】
東北ボローズ 034100154 18
COLORS 000100000 1

【戦評】東北ボローズは序盤、藤嶋の3点適時三塁打などで試合の主導権を握ると、終盤には浅野の2点本塁打などで加点し、終わってみれば14安打18得点の猛攻で試合を決定付けた。投げては先発木村、途中からマウンドに上がった安田が9回を1失点にまとめあげチームの連勝を2へと伸ばした。



     打安点 率 本
(右)北山3 1 0 ,310
(遊)藤嶋5 2 3 ,400
(一)大野4 1 0 ,353①
(捕)浅野4 3 3 ,458❶
(中)高久4 1 1 ,200
(三)古川4 1 1 ,200①
(指)犬飼5 3 4 ,265①
(左)佐藤1 0 0 ,056
(指)安田4 2 2 ,375
(二)渋谷4 0 1 ,250
(投)木村3 0 0 ,083


【バッテリー】木村、安田 - 浅野

▽本塁打=浅野 1号(2ラン)
▽二塁打=北山、藤嶋、犬飼
▽三塁打=藤嶋
▽盗塁=犬飼③、佐藤④

◆観衆 30人
◆試合時間 2時間30分

▼犬飼 健一郎「(今日は)日野監督が不在で残念でしたが、全員が日野監督に勝利を献上することだけを考え臨みました。(3安打4打点と貢献したが)日野監督の喜ぶ顔が目に浮かびます。(次戦は大会2回戦だが)日野監督を胴上げする為に全力を尽くします」

▼木村 優斗「(今日は)本調子とはほど遠かったが試合を作れたので良かった。(ルーキー藤嶋も適時打を放ったが)藤嶋は来年から本格的に一軍定着できると思うので期待している。(今後は)次戦は完璧な投球でチームを勝利に導きたい。」

▼安田 賢人「(中継ぎながら5回を無失点の好投)木村さんからのリレーで何とか良い流れを作れればと思いながら、周りの助けもあり無失点で終えることが出来た。(今日の投球は)直球の調子が良く、リズムに乗ることが出来た。(次なる登板に向けて)夏よりも柔軟性を取り戻せたと思うのでまた次回良い投球を見せれるように頑張りたい」

▼浅野 祥男「(猛打賞、本塁打も放ったが)今日はいろいろと試したいことができ、なおかつ結果として出たのでよかった。(今後の闘いに向けて)大会期間中でもあるので、コンディションと日程の調整に努めたいと思う」
11月13日江戸、岡本と育成契約
東北ボローズは13日、来季構想外となっていた江戸、岡本両選手と育成契約を交わしたことを発表した。
背番号は江戸が105、岡本が143となる見通し。
11月8日バッティングセンター杯 1回戦結果
バッティングセンター杯 1回戦
<岩沼海浜野球場 8:30開始>

【スコア】
YTC野球団 000011 2
東北ボローズ 00221 5

【戦評】東北ボローズは3回裏、三輪・浅野の連続適時打で2点を先制すると、中盤にも北山、代打中村の適時打で加点し試合を優位に進めた。投げては先発木村が6回2失点で試合を作り完投勝利。2回戦へと駒を進めた。


     打安点 率 本
(右)北山2 1 2 ,308
(二)花澤0 0 0 ----
 二 安田0 0 0 ,250
(遊)三輪1 1 1 ,323①
(捕)浅野3 1 1 ,400
(中)畠山3 0 0 ,375
(一)犬飼2 0 0 ,207①
 打 中村1 1 1 ,208
(投)木村3 1 0 ,111
(左)佐藤1 0 0 ,059
(三)日野1 0 0 ,190

【バッテリー】木村 - 浅野

▽盗塁=北山④、三輪④、⑤

◆観衆 100人
◆試合時間 1時間30分

▼日野 一樹監督「(初戦突破だが)今シーズン最終大会ということもあり初戦に勝てて良かった。(エース木村が完投勝利)粘り強い投球を見せてくれたと思う。(打線はタイムリー4本と機能したが)頼もしい打線が繋がってくれた。ファンも大興奮したことだろう。(次戦に向けて意気込みを)負けたら今シーズンが終わるので絶対に勝ちたいと思う」

▼木村 優斗「(完投勝利で2回戦進出)久々の登板で不安もあったが序盤から打線が点を取ってくれたので助かった。(次回の登板に向けて)今年はあまり明るいニュースのない1年だったが最後の大会で有終の美を飾れるようにしたい」

▼三輪 幸太郎「(タイムリー含む3出塁だが)チームに貢献でき何よりほっとしている。次戦に向け気を引き締め直して取り組みたい。(今日は)理想的な点の取り方だった。次戦もチームが一つの線になれるよう戦っていきたい」
10月26日終盤追い上げるも惜敗
オープン戦 
<虹の丘野球場 14:00開始>

【スコア】第2試合
VOLTS 523003 13
東北ボローズ 104013 9

【戦評】先発高久は序盤、3ランを浴びるなど2回7失点の乱調で主導権を相手に奪われてしまう。何とかしたい打線はルーキー伊藤、犬飼の適時打などで追い上げるものの、あと一本が出ずチームの連勝は4でストップした。

     打安点 率 本
(右)北山1 1 0 ,292
(指)日野2 0 0 ,200
(遊)三輪2 1 0 ,321①
(中)高久2 0 0 ,188
(一)大野3 1 0 ,385①
(捕)伊藤3 2 2 ,400
(三)古川4 0 0 ,167①
(指)犬飼3 1 1 ,222①
(二)佐藤1 0 1 ,063
(左)中村2 0 0 ,174
(指)小川2 0 0 ,000

【バッテリー】高久、中村 - 伊藤
(負)高久 1敗

▽二塁打=三輪
▽盗塁=北山②③、日野②

▼日野 一樹監督「(序盤の失点が響き敗戦)高久のコントロールが安定するまでに失点が重なってしまい残念だった。(打線では伊藤が奮起)若い新加入の力は我がチームには欠かせない。これからも期待したい。(次戦の大会に向けて全国のファンへメッセージを)まずは初戦突破し、今シーズン最後の大会を良い形で締め括りたい」
10月25日一発攻勢で4連勝
オープン戦 
<虹の丘野球場 12:45開始>

【スコア】第1試合
東北ボローズ 03220 7
VOLTS 10100 2

【戦評】1点ビハインドで迎えた2回表、東北ボローズは大野の左越本塁打で同点とすると、犬飼の2ランで勝ち越しに成功する。その後も三輪、古川の一発で加点し試合を優位に進めた。投げては先発佐々木が打たせて取る投球を見せ今季初勝利。チームの連勝を4へと伸ばした。

     打安点 率 本
(右)北山3 0 0 ,261
(指)日野3 1 0 ,167
(遊)三輪2 1 2 ,308❶
(中)高久2 0 0 ,214
(一)大野2 2 1 ,400❶
(捕)伊藤2 0 0 ,000
(三)古川2 1 2 ,500❶
(指)犬飼2 1 2 ,200❶
(二)佐藤2 1 0 ,067
(左)中村2 0 0 ,190
(投)佐々木1 0 0 ,250
(指)小川2 0 0 ,000

【バッテリー】佐々木 - 伊藤
(勝)佐々木 1勝

▽本塁打=大野1号、犬飼1号、三輪1号、古川1号
▽三塁打=佐藤

▼日野 一樹監督「(今日は)打線が機能して勝利できたことが良かった。(4本のホームランが出たが)ファンの皆もHRボールを手にでき喜んだことだろう。(投げては佐々木が完投勝利)いつも通り良いリズムで試合を作ってくれた。(第2試合に向けて)2試合目も勝つのみだ」

▼犬飼 健一郎「(勝ち越し弾は)得意の左投手、そして相性の良い球場だったので思い切り振ることができた。今季は開幕から打撃不振に陥り苦しんでいたが、この1本を良いきっかけとしたい。(次戦に向けて)次戦も貢献できるよう頑張りたい」

▼佐々木 克仁「(完投で今季初勝利)立ち上がりは悪くなかったが中盤大きく制球が乱れたのは反省点。コーチに声をかけてもらいラスト2回は四球なく投げることが出来た。(女房役伊藤と初バッテリーだったが)互いに久々の実践だったが、勝利に貢献出来よかった。ワンバンもよく止めてくれた。(今後は)20代後半だがまだ動けると思った。準備して「行け」と言われたら行くだけです」

▼大野 晴矢「(初本塁打含む2安打)試合前の練習から調子が良かったので狙っていた。インコースに真っすぐが来たので思い切って振り抜いた。(次戦は)大会なのでチームが勝てるよう引き続き頑張りたい」

すべてのボローズニュースを見る