大分市西中サッカー部

スケジュール

29


30


31


1


2


3


4


大分市西中学サッカー部

大分市立西中学校サッカー部のホームページです。
八幡、春日、西の台小学校の少年団指導者と協力して西部地区の小中一貫サッカー指導を目指しています。

ジュニア世代からつなぎ目の無いように、指導者が連携をして西中サッカーでさらに成長をさせ、高校サッカーへの橋渡し出来るように指導をしています。

試合結果の速報などは、下記リンク先のブログへどうぞ

http://nishicyu.seesaa.net/

ニュース

9月15日サッカー部練習内容 No,12
図形が崩れている場合は、ブログからダウンロードしてください。

№12
【2対2+4】
☆ ☆…ボール保持者側の味方


○ ●
□ ■
○ ●







◎守備
 ○自分のマークに対して正しいポジションを取る。 
 ○チャレンジとカバーの繰り返し。
 ○ペルムータを徹底する。
※守備のインテンシティを高める。
◎攻撃
 ○攻撃側は、実質4対2の数的優位の局面を意識する。
○ボールを動かす。
○選択肢を増やす。

【3対3+4】


○ ●

□ ○ ● ■

○ ●






◎守備
 ○チャレンジとカバーの繰り返し。
○3人によるペルムータを意識する。
○中に絞る。

【4対4+4】


 ○ ●
○ ●
□ ■
○ ●
○ ●








9月9日サッカー部練習内容 NO,10
図形が崩れている場合はブログへどうぞ

№10
【3対3+3フリーマン】


○ ●
○ ▽ ●

○ ●





◎攻撃側は6対3で、フリーマンにはボールを奪いに行かない。
◎攻撃側は、パスコースが5つある。
◎守備
 ○ボールを奪いに行く。
○守備の正しいポジションを維持する。
 ○ボールにつられない。
※守備を意識した練習として位置づけています。
9月9日サッカー部練習内容 NO,11
№11
Intensity & Quality
【攻撃】
◎ゴールを奪う。(シュート・パス&コントロール・動き出し・関わり)
◎DFの背後へのアクションを常に意識する。
◎優先順位の意識を持ちながら、相手やボール保持者の状況を観て判断する。
◎アタッキングサードで前向き(攻撃方法)の選手を多く作る。
◎意図的にビルドアップしながら効果的に攻撃する。

 ○動きながらのコントロール
○パスの質(パススピード)
○タイミングよく動く
 ○ボールに寄る
○パスしたら動く

◎攻撃に関わる。

○タイミングよく動く
○マークをはずす
○スペースへ飛び出していく
○縦パスに対して素早くサポート






◎個人戦術を向上する。

【守備】
◎ボールを奪う。
◎間合いを詰めて体を入れる。
◎ボール保持者へのアプローチを厳しくしよう。
◎奪いに行く意識や球際の厳しさ。
◎コンパクトフィールドを意識する。
◎DFラインの背後やロングフィードをシンプルに入れられた対応。
◎1STDFが、ボールの移動中にプレッシャーをかけて奪いきる。
◎他のプレーヤーがポジションを調整しながらボールを奪うチャンスを逃がさない。
◎ボール状況に応じた判断と正しいポジショニングを取る。
◎ボールを失った瞬間(攻→守)の守備意識を高く持つ。
◎攻撃中のリスク管理を意識しよう。
◎ペナルティエリア付近では身体を張ってシュートをブロックする。
◎クロスボールに対しては、ボールウォッチャーのならず、相手より先にボールに触れる ことを意識する。
8月20日お楽しみ会 2016/8
お盆休みにサッカーしました。

西中サッカー部の中学3年生を中心に19:00からナイターを借りてサッカーをしました。
高校3年生が集まるのは最後になるだろうということで、ほとんど集まりました。

中学3年生も帰省している選手以外、ほとんど集まり楽しくサッカーをしていました。

中学3年と高校3年の集まりとして、来年、再来年も出来たらよいですね。
8月3日サッカー部練習内容 No,9
大分西中学校 №9
【ボールを奪った瞬間】
◎両チームともカウンターアタックの応酬が多い。
 →中盤の必要性を指導者が理解しよう。
◎優先順位を理解させながら、有利なスペースを探し、ボールを運ぶ。

【一度サイドにボールが行くと、そのサイドから崩すことしか考えない】
◎同じサイドしか見ていない。
◎ボール保持者の前のゾーンだけをめがけて進もうとする。
◎何で逆サイドを意識しないのか?

【試合におけるコンセプトの課題】
◎サイドチェンジが少ない。
◎ボールの動きが偏る。
◎試合のスピードが常に一定で速く、リズムの変化がない。
◎ディフェンダー同士のパス交換になってしまう。
 →中盤がパスコースを作るための動きが少ない
◎攻撃のバリエーションがない。→カウンターアタックの欧州の弊害
 ○ボールポゼッションからの中央・サイドを使った攻撃
○フィニッシュの練習不足

【フィニッシュの練習】
◎サイドからのセンタリング並びにクロスに対するシューターの入り方
◎中央からのワンツーの突破
◎バイタルでのダイアゴナルラン

【プレーモデル】
◎主導権を握ったサッカーを指導者がどのようにイメージをするか。
◎プレーの関わり、選択肢を大切にしたサッカーをしよう。

すべてのニュースを見る